にし脳神経外科クリニックへようこそ!

ものわすれ外来

ものわすれ外来は、高齢化に伴う認知症の増加を背景に、認知症の早期発見と治療のためにできた新しい外来です。当院は北九州市の「ものわすれ外来事業」の協力医療機関となっています。

■診療内容

シニア診察内容は、MRIや血液検査、簡単な知能検査などで原因を見つけ、症状に応じた薬物治療や生活改善のアドバイスを行います。

また認知症によって患者さんだけでなく、周囲のご家族にも大きな負担がかかり、様々な心配を抱えている場合が多いです。そういったご家族に、患者様への生活療養上の対応方法の指導や、介護保険など福祉サービスの紹介や指導を行って、少しでも負担を軽くすることも大きな目的です。

認知症の進行を予防する薬も開発されています。実際に元気になり、よくなっていく方もいます。脳の刺激と活性化に一番パワーがあるのが人との交流です。楽しく元気に暮らすことも大切です。

○対象となる方
最近では、若年性認知症を心配する方も増えています。ものわすれ外来は、もの忘れが気になる方なら誰でも受診できます。

○予約について
ご相談・診察のみの場合は予約は不要ですが、検査もご希望の場合はお電話でご予約されると時間の節約になります。

■認知症の種類

認知症にも症状によっていくつかの種類に分けられます.ここで代表的なものについて説明しますシニア2

○アルツハイマー型認知症
認知症の中で最も多いのがこの症状です.発症の時期がはっきりせず,徐々に記憶力,記銘力が低下、つまり”物忘れ”がひどくなり判断力・見当識の低下へと進行していきます。

○脳血管性認知症
脳の血管障害によって起こる症状です。脳出血、脳梗塞、脳動脈硬化などにより脳の神経細胞が障害されて生じます。

一過性の神経症状や運動,知覚障害などを伴う場合に多くみられます。血管障害の程度によって認知症の程度も異なります。

○うつ状態
老人の方が、気持ちの沈みがちな”うつ状態”にある場合、中には物忘れがひどくなったり,場所が分からなくなったりと”認知症かな?”と思われる症状を示すことがあります。

この場合、抗うつ剤などの治療で症状は消失する事があります。

○治療可能な認知症
慢性硬膜下血腫,甲状腺機能低下症, 正常圧水頭症などによる認知症は、原因疾患の治療で治る可能性があります。

今まで諦めていた患者様の中にも、これらの疾患が当院で見つかって適切な治療で治った例がたくさんあります。

PAGETOP